fc2ブログ

地震に備える

<東日本大震災>M7以上の余震発生確率15%…気象庁
(毎日新聞 11月18日(金)22時10分配信)

 気象庁は18日、東日本大震災の震源となった宮城県沖で
12月14日までの1カ月間にマグニチュード(M)7以上の余震が発生する確率が
15.1%とする予測結果を、同日開かれた地震予知連絡会に報告した。
「被災地では引き続き大きな余震に注意が必要だ」としている。

 11月14日までの余震の情報を基に計算した結果、
15日から12月14日までの30日間にM7以上の余震が起きる確率は
「15.1%」となった。
同庁の担当者は「この震源域では過去13年間でM7以上の地震が4回起きている。
15%という確率は、過去の発生率より高い水準」としている。
同庁は、震災直後は余震確率を3日間の幅で公表していたが、
確率が10%を下回った5月ごろから公表を見あわせていた。









発生時期は12月から2012年01月にかけて
再びM(マグニチュード)9の地震が発生する可能性

3月11日に発生しました東日本大震災を的中させました
北海道大元助教授で同大地震火山研究観測センターの研究支援推進員、
理学博士の森谷武男氏は
震源地は関東地方の近海、十勝沖の可能性があり、
地震エコーと呼ばれるFM放送向け電波の乱れが
「3・11」発生前と似たような動きを示していると発表しています。
今度は首都圏や北海道に最大震度7の強烈な揺れや大津波が襲いかかってしまう
可能性があるとのことです。


dms1111181549019-p1.jpg








地震に備えることの大切さは
私たちは身をもって体験しておりますので
その経験を決して無駄にすることなく新年を迎えたいと考えています。



本日(11月20日)も
茨城県で震度5強の揺れが2度続いています。

現在、店内では大地震が発生した場合を想定して
落下物などを最小限に抑えるよう模様替えを進めています。
スポンサーサイト



theme : 福島県
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アックス須賀川店 店長

Author:アックス須賀川店 店長


農業資材の専門店
です。

農家の皆様から

家庭菜園をはじめる方まで

安心してお買い物ができる

店づくりを目指しています。



Twitter(ツイッター)

http://twitter.com/noukanomise

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード